笑顔の小道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東北・気仙沼旅行その1

 少し前、学校のお友達と1泊2日東北地方に行ってまいりました。
 卒業旅行(?)みたいな感じですが、社会見学も兼ねて行ってきたので、その記録をここに残しておきたいと思います。

 旅の恥親の恥はかき捨てなのでお遊びな写真いっぱい撮ってきたよ!
 勿論、真面目な写真もたくさん撮ってきたました。
 少し長いので・・・暇な時にでもサラッとお目を通して頂ければ幸いでしv


続きを読む
  1. 2012/03/29(木) 18:10:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お引越し

誰にも聞かれない独り言を聞いてくれたお家。今までありがとうさぎ。
縁あって私のものとなった小物やプリントや雑貨類。さよならいおん。

感謝を込めて、最初で最後のお掃除。
  1. 2012/03/26(月) 16:54:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あの日から1年

多くの人が書いていると思いますが、私も一年という節目の日なので、感じたことを書いていこうと思います。 続きを読む
  1. 2012/03/11(日) 23:31:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3年

ネットゲームを始めて、昨日で早3年となりました。

その間、引越しを始め、生活スタイルの変化等色々ありました。

色々な人と出会い、別れ、また出会い・・
言葉にすればありきたりかもしれませんが、それらが自分に及ぼした影響は大きなものでした。


ネットゲームを始める前の3年半の間に――今から6年前から4年前の間に、私は「友達」を新たに2人しか作れませんでした。
2人が多いか少ないか絶対的な数字は別として、小さい頃は友達を作るのが得意だった私としては、大学という環境に馴染めずにいました。
一人暮らしを始めたのに学校から遠距離に住んだのが元凶だと思いますが、人と接する時間が極度に少なくなりました。


ネットでの人との出会いは楽しいらしいが危険を伴うという認識が、ネットにあまり触れない方の大方にあり(偏見かもしれませんが)、当時の私もそういうものと思っていましたが、幸運にも私にとってはいい方向へと働きました。
経緯については語りませんが、「パンヤ」を始めたこと、そこでの人との出会いや繋がりは、今や私を語る上では避けて通(以下略


無論、3年を振り返れば常にいい方向だったとはとてもいえません。
時にはのめり込みすぎたこともあります。
人間関係で苦い思いをしたこともあります。
思い出したくないことやなかったことにしたいことも・・・・一つや二つはあります。
それらを全部吹っ切れたわけでもないし、
これからもどうかは分からない。
今も後悔のただ中にいることもあります。

それでも、
今の自分がこの3年なくして成り得ない自分になっていることは確かです。

今の自分が好きかどうかは・・・
比較する時期によって答えは変わります。

でも、ネットゲームで知り合えた人達はみんな大好きです。
夜のテンションで言うと愛してます(注:現在5:40です)。

そう思える人達が出来たこと、その人達から学んだこと、その人達に救われたこと、
それらを、たまに思い出して、またはっちゃけていきたいなと思うのでした。
(綺麗にまとめるための言葉で、実際は今思いついただけの・・ry)


・・・でも学んだことを日常で活かそうとすると冷たい目で見られちゃう・・何を学んでいるんだろう、私。。
  1. 2011/12/08(木) 05:53:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

七夕と夏のお話

短冊に願い事を書きました。
叶うかどうかは分かりません。
もしかしたら私の願い事が叶った分、誰かの願い事が叶わなくなるのかもしれません。
見知らぬ誰かに申し訳ないと思いつつもそれでもお願いをしてしまうところに、私の残忍な本質が浮き彫りになっているような気がします。

短冊に書いた願い事が叶った試しはありません。
分に余る願い事だったのかもしれないので、毎年願い事を小さくしてきました。
願い事をかけば叶うかもしれない、、そんなロマンティストな考えとは裏腹に、
願い事をとにかく叶えてもらおう、、そんな鬼々迫る行動をとる私を
特急列車が過ぎ去るのをただ待つように、いつもの私は傍観しています。


とはいえ、そこまでごちゃごちゃと考えて七夕を過ごしたわけではありません。
ただ、翌朝取り残されたように残る短冊を思うと、
あまりいい気はしないのでした。。




さて、あまり天気が芳しくなかった七夕でしたね。
個人的に七夕は、夏の始まり!というよりかは、
今年も半分終わったね。という静かな労りを感じます。

夏といえば、日中と夜中とで空気がガラリと変わる気がしませんか?
日中は活気溢れてるけど、夜はしんみりする気がします。

朝:熱気、高揚感、冒険心
昼:活気、解放感、睡魔
夕:高揚感、睡魔、浴衣心
夜:疲労感、浮遊感、睡魔

こんな感じでしょうかね。
睡魔が多いのは仕様ですw

後、夕方の浴衣心なんて言葉はありません。
ただ夕方は無性に浴衣を着たくなる個人的な感情です。
うん、私は浴衣が好きなんです。
私の名前からも分かる通りです。
この浴衣心について語り出すと、校長先生顔負けの貧血者を出すので割愛します。
因みにユカタン半島は名前的に好きです。



もう少し、ここ一ヶ月の出来事と夏について喋りたいけど、
それはまた次回。。

前までの記事のコメント返しもう少し待って下さい。
パソコンから見れるようになったら致しまする。
  1. 2011/07/08(金) 20:50:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。