笑顔の小道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CMLについて。

某所では呟いたため、事情を知っている方も多いと思いますが、
私の親族が白血病になりました。
幸い、10年ほど前に出来た新薬を飲み続ければ問題ないタイプ
であった為、今は投薬によって治療を進めています。

この記事は、どんな病気かを簡単に説明した内容になってます。
調べれば書いてあることで、それ以上でも以下でもありません。
ただ、こういう機会に知って戴けたら……そう思っただけです。

また、なるべく分かりやすい表現でたとえて書いたつもりです。
もし、その表現を不快に感じられた方がいましたらすみません。

それと、私も調べて書いたことなので、内容が間違っているかも
しれません。医療関係者ではないので、予め断わっておきます。

長くなりましたが、以下本文です。

私の親族がかかったのは、“慢性骨髄性白血病”という、
俗にCMLと呼ばれる白血病でした。
以下、病気に関してはCMLと記載して書いていきます。

まず、白血球がどこから作られるかですが、
これは“骨髄”というところで作られます。
“骨髄”とは、分かりやすくいうと『血液の工場』になります。
血液の中にある、白血球や赤血球や血小板を作っています。

赤血球・・・酸素を運んでくれる。
白血球・・・病原菌を食べてくれる。
血小板・・・血を固めてくれる。

上記のような血球を、骨髄では赤ちゃん細胞から作っています。

白血球に注目して書いていきます。
白血球にも赤ちゃん細胞時代があります。
赤ちゃん白血球は血液の中にはいません。
骨髄の中にいます。箱入り娘と同じです。
大人になるまでは、血液に出ないで、骨髄の中で育ちます。
大人になって初めて骨髄から血液の中へと送り出されます。
つまり、正常な人の血液には大人白血球しかいないんです。

ところが、CMLでは違います。

赤ちゃん細胞が癌化してしまい、骨髄の中で無限増殖します。
骨髄の中が白血球細胞でいっぱい…満員電車状態になります。
満員電車状態で更に増え続ければ…当然、溢れ出しますよね。
大人白血球になっていないのに血液中に出てきてしまいます。

白血病といえば、血液中に白血球がいっぱい…という印象を
お持ちの方は多いかと思いますが(私もそうでした)、
その実、いっぱいなのは正常でない白血球なのです。

CML(慢性骨髄性白血病)になった、私の親族は、
赤ちゃん白血球、小学生白血球、中学生白血球など、
血液の中に色んな成長段階の白血球が見られました。
普通の人では見られることのない白血球です。

因みに、急性骨髄性白血病(AML)の患者さんは、
血液中には、赤ちゃん白血球と大人白血球しかいません。
小学生白血球、中学生白血球など他の白血球はいません。
一番最初の状態と一番最後の状態の白血球だけになります。
これは、赤ちゃん白血球が成長する能力を失ったからです。
そのため、正常な白血球の働きをしなくなってしまいます。

慢性骨髄性白血病ではまだ成長する能力は失っていません。
ガン化した赤ちゃん細胞ですが、大人白血球に成長します。
白血球の能力…病原菌を食べる…もちゃんと備わってます。

慢性骨髄性白血病は大きく分けると3つの時期があります。

慢性期、移行期、急性期です。
慢性期は、上記で述べたような状態です。6~7年続きます。
移行期は、慢性期と急性期の間…6ヶ月~9ヶ月程続きます。
急性期では、赤ちゃんは成長する能力を失ってしまいます。
つまり、急性期になると白血球の働きがなくなってしまい、
CMLの末期の状態となります。
(急性期になっても、治療法(薬や移植)はあるようですが、
 私は医療従事者ではないのでそこは詳しく書きません。)

CMLは、2001年にとてもいい薬が出来ました。
患者さんにとっては、文字通り救世主の薬です。
医学における産業革命とまで言われる程の薬です。

この薬は、CMLを完治するものではありませんが、
上記で述べた“慢性期”の状態を維持させ続ける薬です。
急性期にならない…白血球の働きを失わせないようにする
・・・そんな薬です。

この薬が出来てホントによかった。
この病の患者さん、患者さんのご家族、関係者、
みんなそう思っていると思います。私を含めて。


次回…があれば、薬についてまた書きたいと思います。
  1. 2015/02/20(金) 00:08:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 北海道旅行2014(夜行バス編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komichiegao.blog99.fc2.com/tb.php/58-5b5ccf43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。